産後は、10ヶ月近くもお腹に赤ちゃんがいたので、お腹周りの筋肉が少なくなっています。

出産したのに、お腹が全くへこんでない、、体重もそんなに減ってないし、、って落ち込まれる方もよくおられますが、

人のお腹は風船じゃないから、そうすぐはしぼみません笑、そういうものですよー^^

お腹はすぐにはへこみませんが、子宮は急激に収縮していくので、イメージとしてはお腹の中に空洞ができる感じで、内臓が下垂しやすくなるんです。

お腹周りの筋肉が衰えることで腰痛になりやすくなりますし、

内臓が下垂することで、胃腸などの消化器系の不調や子宮や卵巣などの婦人科系の不調、

内臓が十分に機能しないことによる冷えなど、循環系の不調の原因にもなり得ます。

産後の腰痛、内臓下垂を防ぐために気をつけたい2つのこと

当たり前なんだけど、筋肉って見た目のためだけじゃないのよね。

動かすためだったり、支えたり、繋いだり、巡らせたり、いろんな役割があるんですよね。

産後に腰痛や内臓下垂を防ぐために気をつけたいことは

①骨盤が綺麗に閉じること

②お腹周りのインナーマッスルや骨盤底筋群を鍛えること

私も2人目の子を出産した後すぐに、先生から「子宮が下がってるから気をつけて」って言われました。

気をつけて??何を???
どう気をつけるんさーーー!と。

その時の私はそう思って、得体の知れない恐怖を覚えたのでした。

今、縁あって体のことをいろいろ学んで、内臓下垂の怖さ、予防の仕方もわかるようになりましたが、

産後のお母さんって、常に子供のことで忙しくて、どうしても自分のことは後回し。

だから、難しいことより、

簡単で続けやすいことをお伝えしたい、といつも思ってます。

産後すぐからできる筋トレのやり方

そこで、今日は腰痛予防の筋トレに、まずは

深呼吸!

をおすすめします。

筋トレ?そう、筋トレなんです。やってみて!

息を吐き切ってみてください。


ふーーーーーーーー

吐き切った時に、お腹と背中がくっつくぞ、状態になりますよね??

その時のお腹、触ってみてください。

硬いでしょ??
その硬いところ、鍛えられてるんですよ!

これが世に言う、インナーマッスルってやつです。

お腹の横と書いて腹横筋。お腹周りのコルセットの役割もしてくれる筋肉です。

腹横筋を鍛えることで、骨や内臓を支えて、

腰痛解消&予防に、内臓下垂も防いで、血の巡りをよくして冷え対策にもなります。

深呼吸って、息を吐き切ったり、息を止めたりしたら、自然と吸う方も入ってくるんですよね。

深く吸うためには、深く吐く。
それに尽きます。

呼吸が浅くなってるなーと感じたなら、試してみてください。

息を止めたり、横隔膜あたりを軽くたたいて刺激するのもおすすめです。

深呼吸をいつする??

決めておくと、ルーチン化できて無理なく続けやすいですね。

私は、トイレやお風呂、寝る前などに意識して深呼吸するようにしています。

ぼーっとできる時間を有効活用しています。

残念ながら、人はサボる生きものです。

無理なくできる仕組みを作ることが1番の近道だから、自分の行動を観察してスケジューリングしてみてくださいね!

長く吐いて、ゆっくり吸う。息を止める。
その繰り返しは、瞑想時間にもなります。

思考がクリアになり、不要な感情も取り除かれると感じます。

まさに、体も心も整える一石二鳥の筋トレです。

まず初めは1回、次からは3回やってみましょう。

毎日続けることで、体は確実に変わります。

産後すぐから始められる筋トレに、深呼吸!

ぜひ、今日から始めてみてくださいね^^

ちょっと慣れてきたら、こういうのも追加するといいです。

この姿勢で、おしりの穴を閉めて、息を吐き切る。

産後に弱ってしまった骨盤底筋を鍛えることができますよ。

骨盤の歪みを整えるためには、この姿勢で左右にゆらゆら揺らすと少しのことで変わっていきます。

よかったら試してみてくださいね。 それではまた〜

Follow me!